[戻る]
過去ログ[0001]

過去ログ:
キーワード: 条件: 表示:


[475] 7月30日(土) 鳥越俊太郎 遊説計画 Date:2016/07/29(Fri) 22:18
11:00   八王子駅北口 
13:00   中野駅北口 
14:00   新宿駅西口 
15:45   池袋駅東口 
19:20   バスタ新宿前(新宿駅新南改札) 



[474] 追い込みのポスティング、ご協力ください。 Date:2016/07/28(Thu) 13:47
おおぜいの市民の皆様にご協力いただいて、西東京市でも確認団体ビラのポスティングが進んでいます。しかしまだ配布が終わっていない地域も残されています。
今日を含めてあと3日、できるだけ多くのお宅に配布したいと願っております。

このポスティングにご協力いただける方を大募集します。
よろしくお願いします。

[473] 鳥越俊太郎、本日の多摩地域での演説予定 Date:2016/07/28(Thu) 13:39

都知事選挙、鳥越応援団の一人として飛び回っています。

おもに三多摩と区西部です。先日は数寄屋橋にも行きましたが・・・

本日は18時30分から、ルネ小平で、鳥越俊太郎個人後援会が開催されます。
鳥越本人が演説するのは、明日の武蔵小金井を除けばたぶん最後の機会だと思い
ます。

応援弁士としては

山尾志桜里(民進党)
田村 智子(共産党)
福島 瑞穂(社民党)
山本 太郎(生活の党)
山内れい子(生活者ネット)
橋本 久雄(緑の党)

が予定されています。山本太郎さんは今回がたぶん初めてだと思います。

おおぜいのみなさんのご参加をお願いします。

[472] 市民勝手連大集合!! Date:2016/07/20(Wed) 09:58
西東京市民勝手連
NT鳥越サポーターズ結成集会のお知らせ

都知事選挙も明日で1週間となり、鳥越・小池・増田三候補者のデッドヒートが繰り広げられています。
周辺各市では、鳥越俊太郎さんに絶対に勝ち上がって欲しいという思いのある市民が立ち上がり、勝手連を結成しています。
西東京市でも鳥越さんを応援したいが、どこに繋がれば良いか解らないという声が寄せられており、情報共有と活動のプラットフォームとして、この度西東京市民勝手連 NT鳥越サポーターズを立ち上げる運びとなりました。

まずは以下のイベントと集会を行いますので、ぜひご参集を頂きたくお願い致します。

2016年7月23日(土)
12:00〜13:00
市内全駅一斉ビラ配布行動
14:00〜15:30
西東京市民勝手連 NT鳥越サポーターズ結成集会
場所:市民会館3階第5会議室
呼び掛け人:中村賢司
サポーター:森てるお、納田さおり

ご参集頂ける方は以下のアドレスにご一報頂き、メーリングリストを作りたいと思います。
s1124s1215nohda@docomo.ne.jp

なお23日までの駅頭ビラの配布の予定と28日に行われる集会は以下の通りです。
20日 ひばりが丘駅7〜8時
21日 西武柳沢駅7〜8時
22日 田無駅7〜8時

東京19区鳥越俊太郎個人演説会(鳥越さんも出席します)
7月28日(木)19:00〜21:00 ルネ小平大ホール

どうぞよろしくお願いします。


[471] 鳥越都知事を実現するために Date:2016/07/18(Mon) 11:28
本日は18時30分から鳥越俊太郎を応援する市民センターの立ち上げ集会です。

鳥越俊太郎個人講演会として日本教育会館ほーる(定員800人)で開催されます。

都内の勝手連総集合と考えています。

西東京では市民勝手連がまだ立ち上がっていません。ぜひここにご参加の上他紙の勝手連と共同して鳥越知事実現を目指しましょう。

日本教育会館・・〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2
TEL. 03-3230-2831 FAX. 03-3230-2834

電車 ● 地下鉄都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分
● 地下鉄都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分
● 東京メトロ東西線竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5分
● 東京メトロ東西線九段下駅(6番出口)下車徒歩7分
● JR総武線水道橋駅(西口出口)下車徒歩15分



次に、とりあえず市内での企画についてお知らせします。

20日・・・・7〜8時  ひばり南北
22日・・・・7〜8時  田無南北
27日・・・・18〜19時  保谷

19日・・・・7〜8時  田無
21日・・・・7〜8時  西武柳沢
23日・・・・16〜17時  田無
25日・・・・7〜8時  東伏見
26日・・・・18〜19時  ひばり
27日・・・・7〜8時  保谷
28日・・・・14〜15時  田無

28日・・・・18時30分〜  ルネ小平ホールにて総結集

[470] 鳥越俊太郎さんを都知事に! Date:2016/07/16(Sat) 14:46
参議院選挙が終わって間もないのに、東京都知事選挙が始まりました。

わたしは、野党協力の下で候補者が一本化されたことを評価して、鳥越俊太郎さんの応援をすることにしました。

鳥越候補は第一声で政党の依頼を受けたのではなく、自分で手を挙げたのだと言いました。野党の候補者選びが難航する中、野党すべてが支援できる候補が登場したことで、野党の一本化が速やかに進みました。

立候補表明がなされた当日午前中に、地方自治体の無所属議員が連名で各野党に共同候補を擁立するように申し入れを行っていました。

その直後の鳥越さんの立候補表明、野党各党一致しての支持の表明があり、申し入れを行った地方議員はこれを歓迎し、当日には吉祥寺で、また翌日には新宿、吉祥寺、立川で鳥越さんの立候補表明を支持する駅頭キャンペーンを行いました。

また、立候補を表明されていた政策通の宇都宮健児さんは、鳥越さんが宇都宮さんの政策の多くに賛意を示す中で立候補を取りやめることにされました。

宇都宮さんの御英断と評価したいと思います。ぜひとも、政策ブレーンの一人として鳥越さんを支えていただきたいと考えています。

さて、現在、民進、共産、社民、生活の国政4党に生活者ネット及び、無所属議員と市民勝手連で鳥越都知事誕生を目指して選挙運動を進めています。

「鳥越俊太郎を応援する自治体議員の会」はすでに参加者が70名近くにまで増加し、各地の市民勝手連と連動しながら活動しています。

西東京においては、民進、共産、ネット、無所属が一緒に活動しています。告示日当日確認団体カーが田無駅前に来た機会には、参加した議員8人が応援のスピーチを行いました。

今後も共同行動の機会を増やしていくことを確認しています。

ここでお願いがあります。
西東京ではまだ市民勝手連がありません。ぜひ、市民勝手連を立ち上げていただけないでしょうか。候補者カーや確認団体カーの運行計画については、私が責任を持ってお伝えします。

確認団体が作成したビラのポスティングや駅頭での配布、候補者のスピーチの場所への参加、公選ビラ配布の協力、個人演説会の企画、実施、参加、電話かけなど、出来ることはたくさんあります。

連絡窓口は当面、私が行いますので、ぜひとも勝手連の創設とご参加をお願いします。

当面の予定をお伝えします。本日、候補者はこの後16時から北千住駅西口で、18時からは錦糸町駅北口で街頭演説を行います。

確認団体カーは17時武蔵小金井駅南口、18時三鷹駅北口、19時吉祥寺駅北口で駅頭宣伝を行います。お時間の許す方はご参加下さい。

さて、明日の日曜日は、15時(午後3時)から吉祥寺駅北口に、候補者本人が来て街頭演説会を行います。応援弁士として民進党の管直人氏、共産党の小池晃氏、武蔵野市長邑上守正氏が発言されます。大勢ご参加くださることを願っています。

市民勝手連については、私(mori@moriteruo.com)までご一報ください。市民勝手連の情報センターが立ち上がっています。立ち上げ集会を神保町駅、竹橋駅5分、九段下駅7分の日本教育会館で、18時30分から開催します。
こちらの方にも是非ご参加ください。


[469] 今度ばかりは脱自民! Date:2016/06/17(Fri) 11:52
人事と財源を握られて瀕死の自民党党内民主主義、安倍恐怖政治に立ち向かっている人がいた。村上誠一郎衆議院議員だ。唯一の希望かもしれない。

この間、駅頭に出て、

「安倍政権を生み出したのは自民党・公明党だから危険なモンスターとしての姿をあらわにしたABEを取り除くのは、自民党・公明党に投票しABE政権を登場させた皆さんの責任だ。

幸い参議院選挙がある。参院選で自民党が大敗しても政権は現与党の手に残る。

ただ大敗の責任を取ってABEは退陣に追い込まれることになる。

どうか自民党支持者のみなさん、自民党政権を継続したうえでABE政治を終わらせるために、今度だけは脱自民で投票してほしい。

この国の形、民主主義を維持するためには与党も野党もない。

東京都では舛添知事を生み出した自・公が自浄作用をやって見せた。国会ではそれができないでいる。

自民党を支持した皆さんの力が試されている。」

等と話をしています。

[468] 今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針 「与党とその候補者を支持しない」 Date:2016/06/11(Sat) 12:01 <URL>
フェイスブックで見つけて拡散したのですが、かつて自民党の強力な支持団体だった「生長の家」がABE政権のやり方を痛烈に批判し、与党に投票しないことを表明しました。

ある意味、宗教家として当然のことと思いますが、安倍政権の下駄の雪になり下がった公明党を支持している創価学会を見るにつけ、宗教家としての格の違いを見る思いです。

戦前の創価学会はABEが回帰を目指す大日本帝国の体制の中で、厳しい弾圧を受け、初代会長牧口常三郎氏は転向を迫られるもこれを拒否し、獄中で亡くなりました。
宗教家としての矜持を保持し続けていたのです。

今はどうかというと、かつて自らを弾圧したような体制作りにいそしむABE政権のもとで、公明党がお仲間としてふるまうことを良しとしています。

公明党の立党を歓喜の思いで迎えた創価学会の信者のみなさんは、結党の理念に立ち返ったほうが、宗教家としての矜持にかなうのではないかと思うのですが・・・老婆心ながら。

[467] 西東京市立保谷中学校ボヤ火災事件 Date:2016/06/09(Thu) 23:40
8日の読売新聞に掲載された記事で知った方も多いと思いますが、保谷中学校で4月26日に教員の喫煙によるボヤ火災がありました。

一報はあったものの、今月3日の定例会初日に経過の詳細が報告されました。その内容には納得しかねるところがたくさんあります。

朝の授業開始前に休憩室(事実上の喫煙室)で一服した教師が、水の入ったバケツにたばこを浸し、ごみ入れのビニール袋に入れておいたところ、2時間後の10時20分に発火して火災報知器が作動したというのです。
火は床に20センチ×50センチの焼け焦げを残して消し止められたそうです。2時間もタバコの火がくすぶり続けることなど、物理的にありえないでしょう。授業の合間に吸いに行ったのではありませんか。

火災報知器が幸いなことに作動しました。日常的にたばこの煙にさらされて感知しない報知器なんですよ。作動しなくてもおかしくはありません。もし作動しなかったらどんなことになっていた事か。

たまたま隣にある本町小学校で子どもたちの授業に関わっていた消防署員が報知器の音を聞きつけて駆けつけてきました。応対した副校長は「異常ありません」と消防署員を追い返しています。
火事は通報の義務があります。鎮火したとしても報告しなければなりません。また、その後の連絡・報告も迅速に行われていません。隠ぺい体質だという批判も出ています。

そもそも西東京市では学校は建物内全面禁煙です。
保谷中学校は喫煙を容認していたわけですから、学校長にも、把握していなかった教育委員会にも管理責任が問われます。

この事件を受けて教育委員会は学校敷地内の全面禁煙を決定しました。当然です。きちんと守られるのでしょうね。

この先にまだ話があります。質疑の中でこの「敷地内全面禁煙」に異論をさしはさむ議員方が少なからずいたのです。
「嗜好品である煙草を禁止するのは行きすぎじゃないか」
「タバコを吸えない先生が落ち着きをなくして、子どもや授業に影響が出ないか心配」「タバコは貴重な税源」等々、分煙にしたらいいではないかと主張したかったようです。

授業や生徒への対応に影響が出るのならそもそも教師失格でしょう。
嗜好品だからと言って勤務時間内に吸うことを認めなければならないわけではありません。お酒が好きだから勤務時間に飲んでもいいとはだれも言いませんよね。税金を払っているって、納税が嫌なら吸わなければいいんです。

それに、この議論の対象は学校です。教師は生徒に禁煙教育を授ける側でしょう。「二十歳になるまで我慢しろ」と教えているのでしょうか。タバコが自分と他人に与える悪影響を教えているんですよね。
教師が吸っている姿は生徒にはダブルスタンダードに見えます。

健康増進法で、職員室でぷかぷかという光景はなくなりましたが、校長室や用務員室が喫煙場所になっていました。それが建物内禁煙でなくなりました。
閉鎖空間で吸えなくなったら、子どもたちの目に付くところでの喫煙になります。だから、一貫して敷地内全面禁煙を求めてきたのです。

すでに小中16校が自主的に敷地内禁煙に踏み切っていました。残りの学校を追随させることがそれほど抵抗しなければならないことなのだろうかとあきれてしまいます。
移動で禁煙校に行ったら望んでも吸えないんですよ。

来訪者はどうするんだという屁理屈もありますが、学校は教育の場です。理解して訪問していただくしかありません。「郷に入りては郷に従え」です。


ところで、最近「3次喫煙」という言葉を目にしました。
タバコの煙に含まれるニコチンが衣服や壁に残留し、発がん性のあるニトロソアミンに変化し、その吸引で非喫煙者にも害を与える可能性があるというものです。

非喫煙者にとっては衣服にしみ込んだタバコのにおいをかがされるのも非常に不快です。そこまでは言えないと我慢しているのです。恋人になら言えるのでしょうがね。

[466] 国会前へ!! Date:2016/06/05(Sun) 12:51
今日は総がかり行動!国会前に行ってきます。

衆参同日選挙がなくなり、7月10日投票の参議院選挙が当面の焦点になります。地方区では32の一人区で野党共同候補が決定しました。

東京は定数6人の選挙区になります。安倍晋三首相につながる候補を一人でも少なくすることが私たちの将来世代に対する責務です。

自民・公明の中に心ある人たちがいるとして、「今、あなたたちは安倍一派の補完物になっているよ!」と言いたいですね。必ず後悔しますよ。

昨日、ドキュメンタリー映画「ありふれたファシズム」を見ました。ヒットラーとナチスに熱狂していたドイツ国民が、戦況が悪化しベルリンに危機が迫るにしたがって、熱狂が覚めていく様子が印象的でした。

群集心理がワイマール憲法を無効にしてしまったのでした。
今、安倍政権が日本国憲法をないがしろにしていることに重なって見えました。