[戻る]
過去ログ[0001]

過去ログ:
キーワード: 条件: 表示:


[392] 市長選挙に立候補します。 Date:2012/12/12(Wed) 20:16
去る11月15日に行われた西東京市長選挙の立候補予定者説明会に、立候補予定者「わ・た・し」で出席しました。
その後、いくつかのマスコミから取材がありました。立候補すると答えてあります。

都知事選挙や衆議院議員選挙のせいで、正式発表がすっかり遅くなってしまいました。
ご存知の方には「ほんとに出るの?」とご心配をおかけしましたが、立候補に向けた準備は進めています。12月21日には記者会見を行います。


今日は12月議会の最終日でした。私の議会内での活動は事実上ここで終了です。
あとは議会報告「森てるおの拡声器」を携えて、駅頭、街頭での活動に移ります。お見かけになったならお声掛けください。

市民運動を背景にしながら活動してきましたので、市民の皆さんとの対話は、当たり前ですが積極的に進めます。
ご希望がありましたらご連絡ください。ご希望の場所にお伺いします。


2年前の市議会議員選挙で大勢の皆さんからご支持をいただきました。任期半ばで辞職することは、みなさんのご期待を裏切ることになるのかもしれません。
しかし、今は行政・市長に提案、進言してきたことを実行する側に回ろうとしています。ぜひご理解の上、引き続きご支持、ご支援をよろしくお願いします。

[391] 都知事選挙に総選挙が張りついてきた! Date:2012/11/15(Thu) 12:55
昨日の、国会での野田首相の解散表明を受けて、政府与党が12月4日告示、12月16日投票の総選挙日程を決めました。
事前に、何月何日に解散しますという予告解散は、これまで記憶にありません。予告ではあしたの解散です。

民主党政権は市民の付託とは反対のことを、よくもこれだけできたものだとあきれますが、一日も早い解散総選挙は当然のことです。
やっと、国民が議員、政府を選びなおす機会ができました。
「民主がっかり、自公こりごり」なんて言われています。選挙が終わって「民自公連立」なんて悪夢以外の何物でもありません。
原発推進・消費税増税・TPP推進なんかで突っ走られかねません。
しっかり選挙しましょう。

西東京市では今日、市長選挙の立候補予定者説明会があります。
私も「立候補予定者 わ・た・し」で説明会に参加してきます。

選挙は来年2月3日投開票ですが、総選挙が入ってきたおかげで、市長選挙はすっかり影が薄くなりました。

また、年末の総選挙、都知事選挙で「選挙の季節」が終わってしまって、市長選挙は見向きもされない、なんてこともあり得ます。

本当は一番身近な、一番大切な選挙だと思うのですが、投票率3割なんて言うことにならないようにしたいものです。

[390] 市民祭りに行きました Date:2012/11/12(Mon) 14:16
10日、11日の市民祭りに行きました。大変な人出でした。
また、二日間とも雨に見舞われることなく終われて大変良かったと思います。
撤収作業中には雨が降ってきたのでしょうか。関係者の皆さんはご苦労様でした。

11日は霞が関での脱原発集会がありました。相当の数の参加者があったようですが、またしても「警察発表」は参加者数を10分の1以下とカウントしています。そんなに市民が大勢集まっていることを隠したいのでしょうか。

総選挙が年内にも実施されるような情報が飛び交っています。実際のところどうなのだろうか。解散から逃げまくってきた野田政権ですから、どこまで信憑性があるのやら。

都知事選挙が12月16日、これで年内総選挙だと、来年2月3日の西東京市長選挙は盛り上がりを欠いたものになりそうですね。



[389] 議員と市民の懇談会から。住民投票の制度作りを! Date:2012/10/30(Tue) 17:56
先日の議員と市民の懇談会では、市民が主権者の西東京にするために何が必要かということで、住民投票の制度づくりをどんな風に考えるかという話しをさせていただきました。

住民投票の制度は住民が主権者であることを一番よくあらわしたものだと考えています。
今の地方自治制度は、選挙が終わったら4年間、市長、議員に一切合財白紙委任するものになっています。

確かに、リコールの制度はありますが、政策の一部を持って市長や議員をクビにするのは現実的ではないし、議員に至っては、首にしたところで、立候補する人数が増えなければゾンビのごとくによみがえってきます。そっくり取り替えることなど不可能と思います。

そうすると現実的なのは、政策のそれぞれについて市民が判断できる機会を作っておくことです。議員や市長の首を取ろうというのではありませんから、ハードルはリコールよりは低くします。

それでも有権者の数%の署名を集めるのは大変なことです。よほど市民全体にかかわることでなければ住民投票にまでこぎつけることはできません。しかし、制度があることによって、議会は緊張感を持って議案の審議に臨むことになり、議会の質は確実に向上します。
議会で議決したものが市民の怒りを買って、住民投票で否決されたらみっともないですから、頑張るんです。

せっかく高い報酬を払っているのですから、働きにつながるシステムを作らなければなりません。議会の側にとっても、住民投票という関門があることで、逆に、住民投票にならなかったものは承認されたという受け止め方ができるので、安心して審議に臨めるのではないでしょうか。考え方の問題です。

[388] お久しぶりで〜す!!! Date:2012/10/27(Sat) 23:22
昨日、「市政これでいいの会・西東京」が主催した、議員と市民との懇談会に出席しました。
会では全議員に出席要請をしたそうですが、出席したのは私と納田さおり議員の2人だけでした。

他の議員のスケジュールなど私の関知するところではありませんから、「予定が入っている」と言われれば、そうですかというしかありません。

ただ、党派、会派の所属議員は出席しないでしょうね。グループの方針が自分の考えと違っている場合もあるし、本音のトークは無理でしょう。公開の席でしゃべってしまったあとでは、収拾をつけるのに苦労することになってしまいますから。

こんなところでも、「地方政治に政党はいらない!」という私の主張に道理があると思っています。

ふだん、仲間から「雑記帳の更新が遅い!」と注意されることが多いのですが、昨日は懇談会の中で厳しく指摘されてしまいました。極力頻繁な更新に努めます。

今後の日程など。

10月30日   西東京都市計画道路3・4・9 号線事業概要及び測量説明会、
11月 1日   同上(いずれも保谷小体育館で19時から)
10月31日   小平福祉園 第二回仮設住宅建設住民説明会
         住吉会館ルピナス二階研修室 午後6時30分〜7時30分
11月 1日   議員研修会
11月 5日   駅周辺再開発等特別委員会
11月 9日   都市計画審議会
11月15日   市長選挙立候補予定者説明会
11月18日   「市民のひろば」10時〜12時 こもれびホール会議室
11月18日   第8回「原発はいらない西東京集会&デモ」
         http://nonuke-ntyo.cocolog-nifty.com/
11月24日   「市民のひろば」10時〜12時 市民会館第2会議室
同 日     「市民のひろば」19時〜21時 コール田無会議室B
11月27日   議会運営委員会(予定)
11月30日   12月議会(第4回定例会)開会(予定)
12月2日   「つなげよう いのち 原発のない国へ」
         http://mnnnt.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/122-65a8.html
石原慎太郎が都知事を辞めたことによる都知事選挙が11月29日告示、12月16日投開票で調整中とのこと、政治活動ができない期間になりますが、ちょうど議会の開会中なので私にとってはあまり影響なさそうです。

[387] 今年もまた夏の映画会   & 脱原発第7回西東京集会・デモのお知らせ Date:2012/08/17(Fri) 13:25
「戦争を記憶にとどめる夏、今年もまた映画会」

日時・・・8月19日(日) …なんと!あさってです。
場所・・・柳沢公民館(西武新宿線西武柳沢駅南口下車、徒歩1分)
入場料・・無料

午後の部・・・「ムッソリーニとお茶を」  14:00上映開始

夜の部・・・・「誰がため」    16:00上映開始



第7回「原発はいらない 西東京集会デモ」 & 「ゲンパツ イラナイト」

日時・・・8月26日(日) 15:30集合
場所・・・柳沢せせらぎ公園(西武新宿線西武柳沢駅南口下車、徒歩3分)
      駅前交番奥、都営柳沢6丁目アパートに囲まれた公園
集合・・・15:30
デモ出発・・16:00(行程は1時間弱程度)
ゲンパツイラナイト:デモ後交流集会(17:00〜19:00) 火照った体をクールダウンしながら参加者同士で交流してください。

[386] 今夜は官邸前!16日(海の日)は代々木公園へ!原発いらないの声を全国に! Date:2012/07/13(Fri) 10:58 <URL>
今夜は「原発再稼働反対、官邸前抗議」が行われます。大勢の皆さんの怒りの声で官邸前を埋め尽くしましょう。
野田首相は相変わらず、とぼけたコメントを繰り返しています。
「多くの方が集まっている事実は重く受け止めなければならない。これを収束させることは私にはできない。」と語ったそうですが、民意にかなった行動(脱原発)をすれば収束できる、しかしそんなつもりはないと言っていることになります。

「野田やめろ!」の声も、日に日に高まってきています。
これまで民意の中でできなかったことを「決められる政治」と称して、次々と強行する政治家を独裁者と呼びます。
80%もの反対者がある政策を次々「実現」する政治が民主主義ですか?

「政権をだまし取った独裁者、野田佳彦」
独裁を独裁たらしめるには取り巻きが重要です。ヒトラーにはヒムラーやヘス、ゲーリング、ゲッペルスなどなど、今の民主党の誰にあたるだろうか。

一日も早く、野田首相を退任させなければなりません。
それが脱原発への出発点です。

今夜、そして16日、決して消せない市民の怒りの炎を見せつけましょう!

[385] みなさん、いま戦争をしたいですか? Date:2012/07/07(Sat) 12:11
風邪で臥せっていました

29日の熱気のせいだったのか、それとも流行りの「孫風邪」に罹ったのか、次の月曜日から風邪をひいてしまいました。保育園通園中の孫を皮切りに、親やおじさん、婆までがかかって、私が最後の罹患者ということなんです。

夕方、自宅に戻って体温を測ったら38.5度。すぐに布団に潜り込んで休養したおかげで翌朝には37.3度に。一日静養して水曜日の朝には36.5度に下がりました。
それでも「病人の顔だな〜」などと言いながらも自宅静養していたのに、夕方にはなんと39.5度にまで体温が上昇してしまいました。
結局、ほぼ一週間、何も仕事が片付きませんでした。

もちろん昨日の雨の官邸前なんてとても行けた状態ではありませんでした。行かれた方はありがとうございました。そして、ご苦労様でした。

報道によれば、このさまざまなどさくさに紛れて、自衛隊が東京23区の区役所を宿舎にして野営訓練をすることになっているらしいんですね。この前、商店街を日中、小銃を持った自衛隊員が練り歩くという行軍が行われたばかりです。

また、これまで政府が憲法違反としてきた「集団的自衛権を容認する国家戦略室の方針」が示されたと、今日の新聞に出ています。オスプレイの配備を含めて、この自衛隊員の子せがれが国粋主義の「亡国」国防相と組んでどこまでこの国を逆走させようとしているのかいぶかしく思っています。

尖閣の問題と言い、北方領土への政治的無策と言い、野田政権は戦争を望んでいるように見えてしまします。

みなさん、いま戦争をしたいですか?

したくないのなら、野田政権を打倒しなければなりません。

[384] 原発再稼働関係報道に見るマスコミの正体 Date:2012/06/30(Sat) 12:20
首相官邸前での原発再稼働の抗議行動に、先週に続けて参加しました。

先週の数倍という規模だったでしょうか。
主催者発表の20万人には届いていないと思いますが、最も多い19時30分ころには、少なくとも8〜9万人はいたでしょう。東京ドーム観客席の2倍近くは埋め尽くしていたと思います。
途中の出入りを考慮したら10万人規模でしょう。

翌日つまり今日、朝の新聞各紙の紙面を見てみました。私は情報収集の為もあって、一般紙5紙を購読しています。
毎日、東京、朝日各紙は1面にカラー写真を配し、社会面でも報道していました。日経は社会面に写真とともに掲載、読売は一番ひどく、写真もないベタ記事でした。

読売新聞の記事は読者に世情を誤って認識させるもので、報道姿勢は「世論操作」と言ってもいいのではないかと思います。
市民の声を報道しないという姿勢は徹底していて、イラク戦争反対の10万人集会もベタ記事だったのを思い出します。

「経団連機関紙」の面目躍如ということでしょう。加えて、原発に関しては正力松太郎元オーナーが推進派の頭目であったこととも関係があると思います。

このような世論操作を旨とする新聞が最大部数を占めている日本というのは、ジャーナリズム後進国ですね。

他のマスコミがいいかと言われれば、読売よりはうんといいとはいえ、ジャーナリズムの報道としては落第点です。原発報道もそうですが、小沢報道、消費税報道など「世論操作」の姿勢は共通しています。

これら各紙の中では東京新聞がまだしも光っています。

総じてマスコミは世論操作、世論誘導の姿勢が鼻につきます。ネットは飛び切りの情報がある反面ガセ情報が目につきます。
結局、私たちが「賢く使う」ということが肝心でしょう。

そのためにも改めて「すべての情報を市民に!」ということを再確認したいものです。

[383] 消費税増税法案、衆議院を通過。人からコンクリートへの逆流も! Date:2012/06/28(Thu) 13:13
一日過ぎれば旧聞になるこの頃、もう旧聞になるのだろうか。

消費税増税法案の衆議院本会議での採決が行われた。民主党内の造反議員がどのくらいに達するかという報道ばかりが先行する中で、続々と整備新幹線などの公共事業の計画が決定されていった。

社会保障の財源確保のためとして消費増税が決定されていくその一方で、財源ができた!とばかりに多額の財政を費消する大型公共事業が決定していく、なんという政治の劣化だろうか。

自民党野田派政権が官僚機構に足元を見られているとしか言いようがない。政権交代を果たした民主党はもはやどこにもいない。
そんな中では、「造反有理!」は当然だろう。

そもそも管首相のもとで行われた「参議院議員選挙」で消費増税は有権者に明確に拒否されたものだ。衆参ねじれの出発点はここにある。
しかし、民主党執行部はこの時の責任を不問にした。現在の民主党執行部はその時の亜流に過ぎない。この時以来、民主党は地方選挙の中で連戦連敗なのだ。
今の民主党執行部=政府は有権者の信任を得ているとはいえない。もちろん消費増税も。

執行部から排除された小沢一郎のグループが造反し、「自分たちが正義」と言っていることには道理がある。

「マニュフェストを守れ」「もともと不可能なマニュフェストだった」「マニュフェストの精神は堅持している」とにぎやかだが、私は、民主党マニフェストは官僚機構の強烈な反逆を想定したものと思っていたのだが、管、野田両政権は官僚機構との権力闘争から、戦わずして敗走した。

小沢一郎のグループが「総予算の組み替え」「消費増税反対」「脱原発」を本当にやり抜くつもりがあるのならば、官僚機構や大企業、労働組合の反撃を覚悟しなければならない。反撃してくるのは、ひとくくりにすればアンシャン・レジーム(旧体制)だ。それとの戦いはある意味、ひとつの「革命」と言える。

小沢一郎のグループがはたして戦いきれるのか。旗を降ろさない限り、「別個に進んで共に撃つ」の立場で応援したい。

地方政治の中でも民主党を見てきたが、もはや中央を含めて民主党は存在意義のない政党になった。


***********************************
脱原発アッピールへのご参加の呼びかけです。二つを転載します。
***********************************

お知らせ @

直前になりましてすみません。
今週の木曜日も呼びかけがあります。

今週も駅前街宣をやりたいと思います。
6/28(木)19:00〜、田無駅北口

主催が「西東京市民有志」から「みんなのNONUKES☆西東京」に
変わりますが、やることと内容は変わりません。
ご都合のつく方はどうぞよろしくお願いいたします。


お知らせ A

☆ 原発・再稼働許すな!首相官邸前行動
 6月29日(金)18:00−20:00位
 場所:首相官邸前(国会記者会館前、国会議事堂前3番出口出てすぐ)
  呼びかけ:首都圏反原発連合有志