[戻る]
過去ログ[0001]

過去ログ:
キーワード: 条件: 表示:


[468] 今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針 「与党とその候補者を支持しない」 Date:2016/06/11(Sat) 12:01 <URL>
フェイスブックで見つけて拡散したのですが、かつて自民党の強力な支持団体だった「生長の家」がABE政権のやり方を痛烈に批判し、与党に投票しないことを表明しました。

ある意味、宗教家として当然のことと思いますが、安倍政権の下駄の雪になり下がった公明党を支持している創価学会を見るにつけ、宗教家としての格の違いを見る思いです。

戦前の創価学会はABEが回帰を目指す大日本帝国の体制の中で、厳しい弾圧を受け、初代会長牧口常三郎氏は転向を迫られるもこれを拒否し、獄中で亡くなりました。
宗教家としての矜持を保持し続けていたのです。

今はどうかというと、かつて自らを弾圧したような体制作りにいそしむABE政権のもとで、公明党がお仲間としてふるまうことを良しとしています。

公明党の立党を歓喜の思いで迎えた創価学会の信者のみなさんは、結党の理念に立ち返ったほうが、宗教家としての矜持にかなうのではないかと思うのですが・・・老婆心ながら。

[467] 西東京市立保谷中学校ボヤ火災事件 Date:2016/06/09(Thu) 23:40
8日の読売新聞に掲載された記事で知った方も多いと思いますが、保谷中学校で4月26日に教員の喫煙によるボヤ火災がありました。

一報はあったものの、今月3日の定例会初日に経過の詳細が報告されました。その内容には納得しかねるところがたくさんあります。

朝の授業開始前に休憩室(事実上の喫煙室)で一服した教師が、水の入ったバケツにたばこを浸し、ごみ入れのビニール袋に入れておいたところ、2時間後の10時20分に発火して火災報知器が作動したというのです。
火は床に20センチ×50センチの焼け焦げを残して消し止められたそうです。2時間もタバコの火がくすぶり続けることなど、物理的にありえないでしょう。授業の合間に吸いに行ったのではありませんか。

火災報知器が幸いなことに作動しました。日常的にたばこの煙にさらされて感知しない報知器なんですよ。作動しなくてもおかしくはありません。もし作動しなかったらどんなことになっていた事か。

たまたま隣にある本町小学校で子どもたちの授業に関わっていた消防署員が報知器の音を聞きつけて駆けつけてきました。応対した副校長は「異常ありません」と消防署員を追い返しています。
火事は通報の義務があります。鎮火したとしても報告しなければなりません。また、その後の連絡・報告も迅速に行われていません。隠ぺい体質だという批判も出ています。

そもそも西東京市では学校は建物内全面禁煙です。
保谷中学校は喫煙を容認していたわけですから、学校長にも、把握していなかった教育委員会にも管理責任が問われます。

この事件を受けて教育委員会は学校敷地内の全面禁煙を決定しました。当然です。きちんと守られるのでしょうね。

この先にまだ話があります。質疑の中でこの「敷地内全面禁煙」に異論をさしはさむ議員方が少なからずいたのです。
「嗜好品である煙草を禁止するのは行きすぎじゃないか」
「タバコを吸えない先生が落ち着きをなくして、子どもや授業に影響が出ないか心配」「タバコは貴重な税源」等々、分煙にしたらいいではないかと主張したかったようです。

授業や生徒への対応に影響が出るのならそもそも教師失格でしょう。
嗜好品だからと言って勤務時間内に吸うことを認めなければならないわけではありません。お酒が好きだから勤務時間に飲んでもいいとはだれも言いませんよね。税金を払っているって、納税が嫌なら吸わなければいいんです。

それに、この議論の対象は学校です。教師は生徒に禁煙教育を授ける側でしょう。「二十歳になるまで我慢しろ」と教えているのでしょうか。タバコが自分と他人に与える悪影響を教えているんですよね。
教師が吸っている姿は生徒にはダブルスタンダードに見えます。

健康増進法で、職員室でぷかぷかという光景はなくなりましたが、校長室や用務員室が喫煙場所になっていました。それが建物内禁煙でなくなりました。
閉鎖空間で吸えなくなったら、子どもたちの目に付くところでの喫煙になります。だから、一貫して敷地内全面禁煙を求めてきたのです。

すでに小中16校が自主的に敷地内禁煙に踏み切っていました。残りの学校を追随させることがそれほど抵抗しなければならないことなのだろうかとあきれてしまいます。
移動で禁煙校に行ったら望んでも吸えないんですよ。

来訪者はどうするんだという屁理屈もありますが、学校は教育の場です。理解して訪問していただくしかありません。「郷に入りては郷に従え」です。


ところで、最近「3次喫煙」という言葉を目にしました。
タバコの煙に含まれるニコチンが衣服や壁に残留し、発がん性のあるニトロソアミンに変化し、その吸引で非喫煙者にも害を与える可能性があるというものです。

非喫煙者にとっては衣服にしみ込んだタバコのにおいをかがされるのも非常に不快です。そこまでは言えないと我慢しているのです。恋人になら言えるのでしょうがね。

[466] 国会前へ!! Date:2016/06/05(Sun) 12:51
今日は総がかり行動!国会前に行ってきます。

衆参同日選挙がなくなり、7月10日投票の参議院選挙が当面の焦点になります。地方区では32の一人区で野党共同候補が決定しました。

東京は定数6人の選挙区になります。安倍晋三首相につながる候補を一人でも少なくすることが私たちの将来世代に対する責務です。

自民・公明の中に心ある人たちがいるとして、「今、あなたたちは安倍一派の補完物になっているよ!」と言いたいですね。必ず後悔しますよ。

昨日、ドキュメンタリー映画「ありふれたファシズム」を見ました。ヒットラーとナチスに熱狂していたドイツ国民が、戦況が悪化しベルリンに危機が迫るにしたがって、熱狂が覚めていく様子が印象的でした。

群集心理がワイマール憲法を無効にしてしまったのでした。
今、安倍政権が日本国憲法をないがしろにしていることに重なって見えました。

[465] 西東京市議会第2回定例会(6月議会)が始まりました Date:2016/06/03(Fri) 19:59
今日、第2回定例会(6月議会)が始まりました。

市長提案の議案が少なく、来週月曜からの一般質問が今議会のメインということになりそうです。

私の一般質問は7日(火曜)の午後です。項目は3点。

セクシャル マイノリテイについて、三館合築と庁舎統合の現状、勤労者福祉サービスセンターの現状と今後についてです。


[464] 衆参同日選挙は見送りに! Date:2016/06/03(Fri) 19:47
同日選挙の可能性を想定して、衆議院の各選挙区でも野党共同候補擁立の対策を急いでいました。

東京19区においては、既報の通りツナセン19区として2度のオープンミーテイングを開催し、予定候補の一本化を模索してきました。

取り組みの速度に若干の違いは出てきますが、今後とも引き続き努力をしていきたいと考えています。

ぜひ、ツナセン19区にご参加いただき、一緒に安倍政権を打ち壊していきましょう。

また、さまざまなグループがそれぞれ活動されています。

目的はひとつ!ゆるく連携しながら安倍政権を崩壊につなげていきましょう。

[463] 第19回「原発はいらない西東京集会&デモ」 Date:2016/05/27(Fri) 15:13 <URL>
第19回「原発はいらない西東京集会&デモ」を行います。おおぜいのみなさんのご参加をお待ちいたします。
***** ***** ***** ***** *****

福島第一原発事故から5年。事故は収束せず、放出が続く放射能性物質で大気と大地は汚され、汚染水で海は汚されています。

原発なしで電力は賄えるのに、国と電力業界は再稼働まっしぐら。

しかし、熊本地震で分かるように、活断層が動くと大災害になります。

多数の活断層がある日本では、原発は危険すぎます。

街に出てご一緒に『原発はいらな〜い!』と声に出しましょう。


2016年5月29日(日)

14:00〜 集会 西東京市田無庁舎市民広場
(西武新宿線田無駅南口下車 徒歩3分、西東京市役所田無庁舎隣接)

14:30〜 デモ 田無庁舎市民広場〜市役所通り〜武蔵境通り〜踏切〜アスタ東〜青梅街道〜府中道〜踏切〜向南中央通り〜市役所通り〜田無庁舎市民広場

15:45〜16:15 交流 西東京市田無庁舎市民広場 (南町)

[462] 参議院選、衆議院選、ともに野党共同候補を!! Date:2016/05/26(Thu) 19:24
この間、つながる選挙「つなせん北多摩」として、また「衆院選19区で共同候補を擁立する会(ツナガル選挙19区 略称:ツナセン19)」として動いてきました。

各地での市民の動きによって、参院選では地方区の1人区(32区)で野党共闘が成立し、安倍政権を追い詰める体制ができつつあります。東京は6人区ですので野党統一候補というのはなかなか成立しません。趣旨に賛同するすべての立候補者を推薦するということも考えに入れています。

19区では現在3人が立候補の意思を表明しています。
何としても一人に絞り込まないと与党候補に勝てません。その可能性を最大限追求するために、176名の市民の参加を得て、共同候補の擁立を求める第1回オープンミーティングを開催しました。

このたび第2回オープンミーティングを開催することになりましたのでご案内をいたします。おおぜいのみなさんのご参加をお願いします。

衆院選・東京19区で共同候補を擁立する第2回オープンミーティング

日時:5月28日(土)13時30分〜16時30分

場所:国分寺労政会館(JR中央線、西武国分寺線、西武多摩湖線:国分寺駅下車徒歩3分)
第5会議室

内容:第1部、野党4党19区責任者に聞く
   第2部、ワークショップ

会場での、野党共同候補を求める決議を予定しています。

[461] 座間宮ガレイ選挙勉強会in北多摩が盛況の中で終了 Date:2016/04/02(Sat) 10:45
座間宮さんを教師にした学習会が盛況のうちに終了しました。
選挙は簡単なものではない、しかし勝てる目はたくさんある、そんなことが確認できた学習会でした。
人は往々にして物事を自分の都合のいいように解釈します。選挙では自分たちが努力している分相手側も努力しているのです。
最終的にはどちらが一票を余分に獲得するかの競争なのです。風で物事が決まると安易に考えていては、足元からくずれてしまいます。
参加された人々はなにがしかの動きを強める決意を持って帰られたことと思います。それぞれの場所で小さくても確実な一歩を積み重ねることを自戒をこめて望みたいと思います。
4月15日は衆議院東京19区のオープンミーティングを開きます。前回の書き込みでお知らせしたとうりですが、補足を含めて繰り返します。
日時:4月15日18時30分から
場所:国分寺労政会館 (中央線国分寺駅南口徒歩3分)
参加費: 500円
小林節さんから 講演と問題提起をいただいたあと、ご招待した各政党からそれぞれ発言をいただいたのち、質疑応答を予定しています。
統一候補を求める市民の声は参加者の人数によってその効果が違ってきます。是非ともおおぜいのご参加を期待します。
お問い合わせは森てるおまたは事務局宛にお願いします。
事務局: &#128222;・FAX 042ー348ー1127 &#128241;090ー1849ー9305 橋本
e-mail: ANA15698@nifty.com

[460] イベントへのお誘い Date:2016/03/28(Mon) 07:40
安倍政権を終わらせるためには、選挙で国会の多数議席を奪い去るしかありません。
しかし当の野党はといえば、民主党、民進党の煮え切らない態度で前に進めないでいます。
そこで、市民が野党共闘を実現させるために様々な動きをしています。
その一つ、知る人は知る座間宮ガレイさんを呼んでー選挙学習会ーを開催することにしました。
日時:4月1日18:30〜21:30
場所:東村山駅ビル・サンパルネ2階ホール
資料代:1000円(20歳以下は200円)

もう一つ,
衆議院東京19 区でも統一候補の 擁立に向けて各政党関係者から話を聞くオープンミーティングを開催します。
こちらは、小林節さんの講演会と同時開催です。ご参加ください。
日時:4月15日18:30〜
場所:国分寺労政会館(国分寺駅徒歩3分)

なお、どちらの会も賛同者と協力者を求めています。

[459] 「オールジャパン平和と共生」決起集会 Date:2015/10/08(Thu) 09:00
タイムリーな更新が出来なくて申し訳ありません。

今日の今日ですがお知らせを一つ。
今日午後5時55分から国会議事堂横の憲政記念会館ホールで「オールジャパン平和と共生」決起集会という野党勢力結集の集会が開かれます。
お時間のある方はどうぞご参加ください。

安保法はでたらめな手続きで、無効の声もある中ですが成立したとされています。しかし、私も含めて、あきらめるような雰囲気はありません。
アベ政治を終わらせる市民の動きは始まったばかりです。
私はと言えば「野党選挙協力で安保法を廃止し、選挙管理内閣を作れ!」と呼びかけるチラシを配布しています。
大勢の市民のみなさんが野党指導部や議員に働きかけることで実現できるものと考えています。
「アベ政治をつぶし、アベ政治の復活を許さない」そのためには策略が必要です。その提案が選挙管理内閣です。

ぜひ一緒に実現を目指しましょう。