[戻る]
過去ログ[0001]

過去ログ:
キーワード: 条件: 表示:


[429] お知らせ 「市政を語ろう、市議選立候補予定者と市民の懇談会」 Date:2014/11/08(Sat) 11:14
12月14日告示12月21日投開票で実施される西東京市議会議員選挙の立候補予定者と市民との懇談会が企画されています。
日時は 
@ 11月13日(木) 田無公民館視聴覚室 午後6時30分から9時
A 11月14日(金) 柳沢公民館視聴覚室 午後6時30分から9時

当日の参加を表明している立候補予定者は 両日とも参加予定の森てるおのほか

@が 納田さおりさん、山口あずささん、荒居隆行さん、
    田村ひろゆきさん、桐山ひとみさん
Aが 山口あずささん、荒居隆行さん、有馬のぶゆきさん
    桐山ひとみさん、小林力さん、大友かく子さん

おおぜいの方々のご参加をお願いします。

[428] 12月21日投開票の西東京市議会議員選挙に立候補します Date:2014/11/05(Wed) 17:03
告示まで残すところひと月余りという今の時期に何をのんきなことを、と言われそうですが、12月21日投開票の西東京市議会議員選挙に立候補します。
安倍政権の「酷政」が市井の市民生活を破壊しようとしているのを座して見ているわけにはいかない、ということです。さまざまな方面で市民生活に悪影響が及んでいますが、自治体は安倍政権の政治に抗して市民生活を守っていく役割を負っています。
これまでの自治体運営を根本から新ため、市民が政策の優先順位を決めることができるようにしていかなければなりません。
全国すべての自治体にみられる補助金あさりの行政を、市民ニーズを優先する行政に変えていかなければなりません。市民が主権者として物事を決めていく、そんな実績が積みあがってきたら確実に国政もよくなっていきます。迂遠な様ですが一番の近道だと考えています。

[427] 東日本大震災から3年、思いを新たに! Date:2014/03/11(Tue) 21:48
東日本大震災から今日で3年です。
私たちの生き方が問われたあの日の記憶を消し去らないようにしなければいけない。
人の営みは自然の中で成り立っている、おごり高ぶった私たちであってはいけない。
管理しきれないリスクを抱えた技術をわが物のように使い続け、そして自らを破滅の淵へといざなってしまった。
あの記憶を消し去りたい人たちが、今政治の中枢を握っている。
もう一度、3年前の記憶を新たにし、私たちの未来の礎にしていこう。私たちは学ばなければならない。

[426] 小児科医師の山田真さんとの対談を行います。 Date:2013/07/09(Tue) 19:32
都議会議員選挙の前にポスターを使ってお知らせいたしましたが、小児科医師の山田真さんとの対談「都政の暴走を許さない」を開催します。

森てるおは都議会議員に手が届きませんでしたので、森てるおからのご報告は少なくなります。できるだけ山田真さんのお話を中心に対談を進めさせていただきます。
東京に避難してきている福島の子どもたちの現状、そして現地の状況など、福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染の影響などお話しいただきたいと考えています。
東京都に、そして西東京市に何ができるのかを考えてみたいと思います。

どうか、おおぜいのご参加をお願いいたします。


日 時:7月14日(日)午後2時〜4時
場 所:西東京市民会館5階 多目的室「松」

参加費無料、予約等は不要です。


[425] まだ眠いですね〜 Date:2013/06/25(Tue) 22:11
選挙運動の最終日と開票日、いずれも寝るのが遅くて完全に寝不足です。昨日・今日と、ぼけーっとしていました。
事務作業も残っているので、ぼけてばかりはいられません。

選挙報告の「拡声器」も発行しなければなりません。

都政についての問題点が、自民党の大勝利によってより危険な状況に差し掛かります。
杉並区選出の福士敬子さんが今回引退されて、森てるおは落選しました。自分の利害に関係なく是々非々で物事にあたれる人材が都議会から消滅しました。

ただでさえ見えにくかった都政が、これで一層濃い闇の中に隠れてしまいました。
猪瀬知事と与党自民・公明のやりたい放題が復活します。
目を皿にして監視するしかないですね。



[424] 都議会議員選挙、惜敗しました! Date:2013/06/25(Tue) 09:17
23日の都議会議員選挙は11,703票のご支持を頂戴しましたが、あと一歩及ばず落選となりました。悔しいですね。
ただし落胆はしていませんし、意気軒昂です。

今回の都議会議員選挙は、「森てるお」にとって二つの意義がありました。
ひとつは都政の内部に市民自治を目指す市民運動の足掛かりを作ること、もう一つは市民の力を見せつける事。
残念ながら前者は実現しませんでした。しかし後者については、組織も基礎票もない無所属の候補が2大政党の一角を脅かした事実で、市民の一人一人の存在の大きさを示すことができました。
半分勝利、半分敗北といったところでしょう。

「森てるお」はこれまで市民自治をめざす運動のツールであったと思います。その意味ではこれからも同様だと考え、当面は頑張り続けるつもりです。そして、この後をつないでくださる方の登場を望みます。

[423] 森てるおは都議会議員選挙に立候補します Date:2013/06/13(Thu) 12:33
森てるおは、明日告示が行なわれる東京都議会議員選挙に、無所属から立候補をします。

西東京選挙区からは2名の都議会議員が選出されていますが、これまで自公の候補と民主党が議席を分け合ってきました。
しかし、都議が2名もいながら、市民にとって都政や都議会はわけがわからないほど「遠い存在」になっていました。これは市民に情報が伝わっていない証拠だと森てるおは考えています。

西東京市議会議員14年、ひたすら情報公開にまい進してきた実績をもって、都議会や都政の現実の姿を、議員の立場で市民の皆様にお伝えしようと決意しています。

東京都における市町村は、自治というより東京都好みの施策を選択せざるを得ない状態に置かれています。森てるおは市長としてその施策選択を市民の名において組み換え、市民が決めるまちづくりへと政策転換するつもりでいました。
その過程では、当然東京都に対して予算要求することが必要になります。

これらの部分を、東京都の側から主体的に行わせるために、今回都議会議員選挙に挑戦することにしたものです。

お金がないために、東京都の補助金に依存した施策選択するしかないようでは、市民が自分のまちの未来を決める自立した自治体とは言えません。


森てるおは立候補するにあたって、下記のような約束を表明しています。

情報公開を徹底します
@ 情報は力です。市民が情報を持ち、議員、行政を監視できるようにします。
A 選挙前の宣伝ではなく、年3回の定例会ごとに議会報告「拡声器」を発行して駅頭に立ち、マイクで報告しながら配布したり、各戸配布をして、都政をきちんと監視し、皆さんに報告します。

税金の使い方を改めさせます
@ ムダな大型公共事業をやめさせ、雇用や福祉や教育など都民の生活のために予算を回すように戦います。
A 東京都の大型道路作りをやめさせ、その分のお金を市町村に回し、市町村が生活道路の維持・補修に使えるように求めていきます。
B オリンピック東京招致に反対。実施するか否かに関わらず、関係経費のチェックをしっかり行います。

生活重視の都政を目指します
@ 安定した雇用と、生活できる賃金と、安心できる老後が当たり前になる社会を作ります。
A 生活保護は市民すべてのセーフティネット。いまでもギリギリ最低限の生活保護費の給付を削減することに反対します。
B 子育て支援を進めるとともに、認可保育園を充実させるため、市町村にお金を回すように求めていきます。

都民の意思を都政に!
@ 議会や都庁任せではなく、重要施策は住民投票で決めましょう!


生活重視の都政を目指します
@ 安定した雇用と、生活できる賃金と、安心できる老後が当たり前になる社会を作ります。
A 生活保護は市民すべてのセーフティネット。いまでもギリギリ最低限の生活保護費の給付を削減することに反対します。
B 子育て支援を進めるとともに、認可保育園を充実させるため、市町村にお金を回すように求めていきます。

東京から脱原発を!
@ 放射能対策を進め、原発の廃止を求めます。危険で高い費用がかかる原発を廃止し、電気料金を下げさせましょう。

国政など、森てるおの考えは・・?

☆ 庶民を苦しめる消費税増税に反対します。格差解消のために企業は内部留保を賃金に回せ! 大金持ちには増税を! 
☆ 農業破壊や、企業活動が国の法律や制度を破壊するTPPに反対します。
☆ 世界標準の市民の自由や生活を守る役目を果たしてきた、現行憲法の改定には反対します。
☆ 国の責任で原発被害の早急な補償を求めます。

[422] 青山としや議員が議員辞職 Date:2013/05/08(Wed) 10:28
拡声器54号に下記の文章を掲載しました。
昨5月7日更新の西東京Webに青山としや議員が4月25日付を持って辞職をされた旨発表されていました。遅きに失した感はありますが、正常化されたものと受け止めたいと思います。

***** 以下、拡声器54号より転載 ******

公明党さん、どうするの?
現在西東京市議会には長期欠席中の議員がいます。2011年に議員に就任したあと、2回の定例会に出席したものの、その後の6回の定例会を欠席しています。この3月議会も欠席です。今後の出席についても見込みが立っていません。
欠席後2月末までに支払われた議員報酬は約1600万円になります。もしこのまま任期中の辞職がなければ、さらに1700万円くらいの報酬を支払うことになります。職責を果たしての報酬であれば納得できますが、復帰の見込みが立たないのであれば、報酬を支払うことには疑問が残ります。
議員報酬は当選の対価ではありません。生活保障に活動費を加えた「役務に対する対価」です。議員は4年が任期の公務員(非常勤特別職)ですから、病気療養による休業でも半年、せいぜい1年が生活保障の期間です。この議員は現在で任期の半分近くを欠席しています。議会として本人に辞職を促すべきです。
この議員の所属は「市議会公明党」です。生活保障をするのなら公明党が行うのが筋です。報酬は税金から出ています。これ以上、公明党の責任を市民に肩代わりさせるのは許されません。公明党の「公党」としての資質が問われています。
先日、「青山としや議員に辞職を勧告するよう求める陳情」を提出しましたが、「参考配布」(審議しないで配るだけ)となりました。税金の監視役なのに、議会ムラになっていませんか。

[421] 都議会議員選挙に挑戦を決意! Date:2013/05/02(Thu) 11:20
6月16日告示、6月23日投票の都議会議員選挙に立候補します。

市長選挙が終わったばかりで、財政的にも、体制づくりも非常に厳しい中ですが、今の国政・都政の状況を見るにつけ、黙っていられなくなりました。

市長選で、森てるおは、市民による予算の組み替えを約束しました。しかし仮に組み換えができたとしても、全体の財源が増えるわけではありませんから、市政運営が厳しいことは解消されません。

森てるおは市長として東京都に財源移譲を求めていくつもりでいました。しかし、市長選挙に敗れてしまいました。そこで東京都に直接、都の議員として、東京都の財政運営を批判しつつ、市町村への財源移譲を求めていくことにしました。

現市長が自由に使える財源ということにもなるのですが、無駄遣いをさせないように、市民の皆さんで監視してください。市町村の手に渡ったほうが、東京都がおかしな事業に支出するより、監視や施策の変更はやりやすくなります。

森てるおには、市議、市長、都議と、立場・役職が違っても、根っこのところで、市民が納得できる、安心して暮らせる環境をつくるという共通項があります。
それを、枠の中からしか見られない政党がおかしいのです。政党を信用できますか?

改めて、つくづく思います。「地方政治に政党はいらない!」と。

行政を、虚心坦懐に、是々非々で厳しく監視して、それを市民に公開し、東京都の政策変更に結び付けていきたいと考えています。

保育園の待機児対策なども市町村に財源移譲して、認可保育園の増設を促す必要があります。認証保育所に続いて、スマート保育を創設しても、子供の成育環境水準の切り下げになるだけです。東京都が枠組みだけを作って後の財政的なフォローをしないから、区市町村が安きに流れるのです。いわば、当たり前のことです。

都議会はほぼオール与党です。新聞によれば定数127名のところ、自民、公明、民主、維新、みんな、の候補者130人が猪瀬都知事とのツーショットを選択したそうです。これで都政のチェックなどできるわけがありません。

都議会に風穴を、都政に旋風を!

森てるおは市議会議員として貫いてきた行政チェックの姿勢を、東京都議会でも貫いていきます。
大勢の皆さんの応援、ご協力をお願いします。

[420] 4月27日(土)「反原発西武線100☆駅アクション」のお誘い Date:2013/04/25(Thu) 22:58
4月27日(土)に西武線全駅で一斉に原発いらないのビラまきをします。

西東京市の各団体で保谷駅、ひばりが丘駅、田無駅、西武柳沢駅、東伏見駅、武蔵関駅、花小金井駅の各駅を分担します。
各駅での実施時間は下記のとおりです。森てるおは13時から14時の花小金井駅に行きます。

各駅とも飛び入りは大歓迎ですので、どうぞご参加ください。

●11:00〜12:00 保谷駅

●12:00〜13:00 東伏見駅

●13:00〜14:00 花小金井駅・ひばりヶ丘駅

●14:00〜15:00 西武柳沢駅・武蔵関駅

●15:00〜17:00 田無駅